305log

自分らしいライフスタイルの提案。【女性のありのままの発信】

【スポンサーリンク】

使わないという新しさ。「ノーマネーデー」を取り入れてみた。

\ Follow me!! /

こんにちにち。305(@mok_freedom)です。

普段からのんびり節約をしていますが外出するともれなくお金を使いますね。

もちろん自分の為に使うので無駄とは一切思っていません。

ですがたまーに失敗するお金の使い方もあります。

そこで今回は意識的にお金を使わない日「ノーマネーデー」を取り入れてみました。

実際にどうだったのか305の目線でレビューさせて頂きます。

 

 

 

 

 

そもそも「ノーマネーデー」をしてみた理由は?

f:id:happy305c:20200301205058j:image

一時期、すごく物欲が凄かったです。

服や靴、バッグはもちろんスキンケア系やら100均にいけば余計なものを買ってしまったり。

結局その時「安いじゃん!」で買ったりすると失敗する傾向が私にはありまして…。

いい加減学ばないといけないなと。

特にこれから自由な働き方を手に入れたいなと考えているのでお金との付き合い方も上手になりたいなと思ったのです。

 

漠然としていますが普段とは違った事をする事で自分に何が必要で何が必要でないかを発見するいいチャンスだなと思ったのでやってみようと決めました。

 

 

305的「ノーマネーデー」のルール

あんまり堅苦しく決めなかったんですが「週に◯日使わない!」という決め方をすると予定が変わったりした時にそれが出来ない…と変な気持ちになると思いまして。

 

基本、予定が無い場合はお金を使わない様にする

 

そこをベースにどれくらい出来たのかを自分で調べてみました。

あとあんまり厳しい設定は自分が楽しめなくなるのであくまでも「ほどほど」を忘れない。

実際にお金を使わない日はどう過ごしていたのか?

使わない事で何か変わったか?

不便な部分があるのか?

実践してみます!

 

 

 

「ノーマネーデー」をやってみた

f:id:happy305c:20200301205121j:image

今回は2週間の間で自分がどれくらいお金を使わない日があったのか。

 

305は1週間使いませんでした。

 

因みに使った日というのは下記の通りです。

・スーパーで食材の買い物

・コンビニで支払い

・お友達の家に行く手土産購入

・休日の母とのランチ

・車のガソリン

・薬局で買い物

 

逆に言えば使わなかった日というのが仕事の日が多いですね。

あとは疲れて家から出たく無い休日(笑)

意識的に使わない事を選んだ日もありますが意外にも自分の物欲でお金を使う事がなかった。

特に今は暇さえあれば断捨離をしているので買う前に売ったり手放したりしている事が多いのかなと思います。

 

お金を使わない事で何か不便になる事はありませんでした。

「お金使えないんだ…」とか思う事もなかったですね。

そこまで過酷にしていないというのもありますが今の私はお金を使って何かをしたい訳ではないのかなーというのが発見でした。

 

 

またお金を使わないとなると必然的に家にいる事が多くなるわけですが。

家の中の環境を整えてると居心地がいいのでお出かけしなくても楽しいんだなというのが発見でした。

お掃除してある程度きれいに保つ。

好きな飲み物を好きなカップで飲む。

のんびりお昼寝する。

 

お金を使わなくても満たされる=自分の環境が満たされている

 

となると自分がいる環境として長いのが「家」となりますね。

私の場合ですがお金を使わないとストレスが溜まる事も今はないので「使うべき時に使う」というメリハリでやっていけばいいんだなと思いました。

 

 

個人的感想

単純に忙しすぎて使う暇がない!という人もいらっしゃるかと思いますがその場合、お金は溜まるけどストレスも溜まるという悪循環ですよね。

お金を使う時は使う、使わない時は使わない。

そこが自分で分かってると気持ちよくお金って使えるのかなと思います。

もちろんこれは私の個人的意見となりますのでこれが正しい訳ではないです。

でもたまにはやってみるといいですね!

お金を使わなくても意外と普通に生活出来ることを理解できたのでよかったです。

その分、楽しい節約にもなったので結果オーライでした。

 

 

いかがだったでしょうか?

あえて取り組んでみた「ノーマネーデー」でしたがお金との関わりを見つけるいいきっかけになるので気になる方はぜひやってみて下さい。

 

では!さらばっ

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログへ

 

【スポンサーリンク】